マイクロソフトは、Windows 10 企業の加入者で無料アップグレードを投げて今

マイクロソフトの Nic フィリンガムは木曜日に述べた Windows 10 企業クラウド ソリューション ・ プロバイダー プログラム (CSP) またはマイクロソフトのボリューム ライセンス プログラムを通じてご利用の方が今 Windows10 エンタープライズに別のアップグレード ライセンスを購入することがなく Windows 7 SP1 または Windows 8.1 を実行するデバイスをアップグレードできます。この無料アップグレードは、Windows 10 エンタープライズ E3 と E5 と生産的な企業のセキュリティで保護された E3 E5 に購読しているお客様に適用されます。

windows 10 ライセンス 購入

マイクロソフトでは、2016 年の夏の間に Windows 10 企業向け料金プランを導入しました。E3 バージョンは $7 の月 (またはユーザーあたり年間 $85)、1 ユーザーあたりのコストし、Windows 10 企業、5 つのユーザーのデバイスとサブスクリプションは有効期限が切れるか、別のユーザーに転送するときに、Windows 10 Pro に戻すオプション ライセンスを自由に配置することで構成されています。

マイクロソフトの Nadella は人工知能を使用して良い方法語るより。

Windows 10 エンタープライズ E5、このサブスクリプションの月 (またはユーザーあたり年間 $168)、1 ユーザーあたり 14 ドル、マイクロソフトの Windows Defender の高度な脅威保護サービスを追加することで安価な E3 計画上に構築します。E3 サブスクリプション モデル E5 計画は、windows 10 pro ライセンス 価格、マイクロソフトのボリューム ライセンス プログラムを通じて、クラウド ソリューション プロバイダー パートナーを通じて提供しています。

「これは重要な利点に加えて Windows コーヒーとドーナツの価格のための信頼できるパートナーの CSP でクラウド サブスクリプション、できる人はまだ新しい Windows 10 デバイスを購入する必要があるまたは人はエンタープライズ クラスのセキュリティを活用して、Windows 10 キャンペーンへの無料アップグレードを逃して顧客管理」フィリンガムは言った。

これらのサブスクリプション管理者は、Azure Active Directory 資格情報を使用して Office 365 管理センターにログインでき、次の 48 時間にわたって新しいアップグレード オプションを参照してください。windows 7 32bit 64bit ライセンス dsp。オプションが利用可能になる、管理者がデバイスをアップグレード、インストール ディスクを作成してドライブを起動、組織内で他の人にダウンロード リンクを共有して、トラブルシューティングを開始できますおよび多く。

  • Education: YNMGQ-8RYV3-4PGQ3-C8XTP-7CFBY
  • Professional Edition N:2B87N-8KFHP-DKV6R-Y2C8J-PKCKT
  • Enterprise Edition N:WGGHN-J84D6-QYCPR-T7PJ7-X766F
  • Education N:84NGF-MHBT6-FXBX8-QWJK7-DRR8H
  • Enterprise Edition S:FWN7H-PF93Q-4GGP8-M8RF3-MDWWW
  • A single language version: BT79Q-G7N6G-PGBYW-4YWX6-6F4BT

Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版) ダウンロード
Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版) ダウンロード

以前に指摘したとき、サブスクリプションを終了または別のユーザーに移動元のユーザーに関連付けられているすべてのデバイスは、Windows 10 Pro に戻ります。その免許証の有効期限はありません、それは取り消されませんがこれらの特定のデバイスにロックされています。したがって、長い目で見れば、windows 10 ライセンス 購入、以前 Windows 10 企業に更新 Windows 7 SP1 および Windows 8.1 のデバイス Windows 10 Pro への無料アップグレードを得るでしょう。

マイクロソフトのサブスクリプション プランのターゲットは長期的なボリューム ライセンス契約に署名することがなく Windows 10 企業を使用している中規模組織に小規模。マイクロソフトはまた Windows 10 企業、Office 365 エンタープライズおよびエンタープライズ ・ モビリティ + 1 つのパッケージにセキュリティを組み合わせたその生産的な企業のセキュリティで保護されたプラットフォームの 2 つのサブスクリプション モデルを提供します。E5 のバージョンは、Windows Defender の高度な脅威保護とマイクロソフトのクラウドのアプリのセキュリティのような追加サービスで、2 つのより堅牢なサブスクリプションです。

http://www.jifu-labo.net/2016/06/price_win10/

ただし、サブスクリプション プラン行ったライブ、そこ以来いくつかの懸念マイクロソフト ロールアウト計画 Windows 10 Pro と Windows 10 ホームも主流の市場で。結局のところ、Microsoft は Windows 10 への無料アップグレードをディッシング一年を過ごしたし、プロモーションは 2016 年 7 月 29 日に公式に終わったのにまだ静かにそのオプションを提供しています。さらに、マイクロソフトは 3 年ごと更新のプラットフォームではなく「サービス」として Windows 10 を考慮します。

恐れることはないが、: windows 7 oem ライセンス、10 ホーム Windows と Windows 10 Pro のサブスクリプション モデルは決して起こらない可能性が高い。ライセンスとクラウド業者から小売ライセンスとアップグレードではなく、マイクロソフト社の収益の茎のほとんど。それは、マイクロソフトが、クラウド ソリューション ・ プロバイダー プログラムを通じて Windows 10 Enterprise サブスクリプションに提供している、無料アップグレードと倍に呼び込み、クラウド事業を強化すると述べた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です